<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Brian

c0075299_21211292.jpg


柿沼さんを成りたい自分に設定して

蕎麦たべて
走って
書く


で、キノコってどうよ?
[PR]
by neco_gv | 2010-05-31 21:21

フジロック8/1

c0075299_019235.jpg

二週間

Thom


サウンドオブミュージック
隣でジュレ製造


あしたは物件視察に同行


芸能人よりも舞台俳優のほうが芸のある人におもう
それはわたしがテレビよりも舞台や生音が好きだから
[PR]
by neco_gv | 2010-05-27 00:19

c0075299_038464.jpg


あしなみを揃えるイメージ


ソーシャライズされない社会貢献の仕方がある

だが、いまの問題は小ささを容認できるかだ
[PR]
by neco_gv | 2010-05-22 00:38

フライパン×フライパン

c0075299_12383.jpg



今夜はブギーバックだわー
葉がゆれる音がいいな


わたしのやっていることはあなたにはできないけれど
あなたのやっていることはわたしにはできない
あなたのやっていることはわたしにはできないけれど
わたしのやっていることはあなたにはできない


ロンドンで生活しているまなこちゃんの写真と
クリエイターの顔写真をみていたらPなきもちが右上にあがってきた
連打しよう。

あーちゃん
あーちゃん
あーちゃん
まーちゃん
あーちゃん
みーちゃん

あまみという豊満な女をイメージするワード

「テンションあがりません」っていえばいいよという的確なアドバイスをもらう
[PR]
by neco_gv | 2010-05-19 01:02

3点

LEON アメリに匹敵
エレファント・マン 意地悪は大嫌い
ショーシャンクスの空に ながい絶望
c0075299_10501955.jpg

[PR]
by neco_gv | 2010-05-16 10:50 | スキなもの

起こる

c0075299_13192566.jpg


5月あたまから
3ヶ月の‥が、ぷつんと切れた

風邪ひいてようが
とりあえず酒をのむ毎日


化粧もするし服もかうし
甘い香りもすき
でも二週間はきっちり休む
会社に「いきたくない」のが通用するのはあと一年だから
いきたくないときはいかない


図書館で暮らす
[PR]
by neco_gv | 2010-05-14 13:19

まぐろの一本釣り

まるまった鉛筆のさきの状態だったのを
きょうは、削っていただきました。方法→→会話
カフェラテ飲むまで頭が寝てたのよね。
バンプオブチキンの右側二人をキンキキッズとまちがえてしまった。

昨日は日比谷公園でのイベントの手伝いにいっていた
被ったドライアイスでできた低温やけどが痒くてしょうがない。

そして、一青窈のスタイリストが素晴らしい。
彼女のふんいきに合っていていい。
某テレビ局専属のスタイリストのセンスがいつまでたっても
田舎くさい。衣装は番組演出のひとつなのに残念。

音楽について阿久悠さんが
70年代は音楽は興奮剤
今は鎮痛剤となった、という旨のコメントを出していたようで
ほおおお、だから興奮剤的音楽が現代の音楽シーンにみつけられないんだなと。クルものは興奮剤としてクルんだけど・・・みつからんカリスマが。


こんやの渋谷某レンタルビデオショップの店員さんとの会話
■ミド「一泊で」
□店員「当日か一週間になりますので、一週間でよろしいですか」
   (と言って、料金の380円の箇所を指さす)
■ミド 「はぁーい」(と言いながら400円の小銭をさがす)
□店員「190円です」
■ミド「エッ!!やすっ!安い!えっえっ!」
□店員「いまだと半額なんです,プププあっはっは」って笑いだすから
店員さんと10秒くらい、笑ってた。たぶん、あたしの反応と声が大きかったからだろうけれど。店員さんの笑い方が面白かったからさ。声が大きいといいこともある。愛想笑い以外のものを引きだせてわたくしもいい気持ちになってしまいましたよ。


自分のやってきたことと、仕事を結びつけられれば怖いものはないなと。ソレに近づくために、どこかの入り口からソノ業界に入って砂場で道をつくるみたいに掘り進んでみればいいんじゃないかと。水をかければすぐに道は崩れるけれど、晴れている日にある程度までつくってしまえれば、砂場も変わっていくんじゃないか。というたとえなのですがね。イメージですわ。


死ななければ生きるわけで。


暇つぶしがだいじ。
センス磨きの経験。

「自信もてよ」
誰にきいてもアドバイスはこれ。
中高時代でなくしたものは自信だね。
自分がいかにだめな人間か教えられたのか
わたしの受信装置が狂っていたのか。
でも中学で学校を辞めなくてよかったなと思う。
高校から書道をはじめたし、ゲテモノと高2の修学旅行も楽しかったから。それだけ。それだけだな。

バンドやってたのが、悩みであり愉しみだった。
いまは全くやってないけれどバンド。
音楽をとおした自己表現ツールは経験すべき!

音楽の力は無限大
映像の力も無限大
声の力も無限大
本の力も無限大

ほんまかいな。

最近、書道はいってるの?ってよく聞かれるけど
わたしは「師」に一生ついていくって決めたから。
月に4回は稽古にいきます。

転勤のある仕事はいっさい考えないのは
時間をつくって稽古にいくため。
わたしの優先順位は「師」なんです。

なぜ、自分が書道をやっているか?
センスを磨くため。
字をきれいにかくためだったらもうやめている。

わたしは「師」の作品とお人柄にほれこんでいるのです。
とうてい及ばないところの人だけれど
近づくことはできるんだよね。
そこへは筆と墨と紙だけのある部屋にいるんじゃいけないの。
旅にでなくてはならないの。

自分の将来を考えた時に、仕事においての自己実現よりも
「師」から離れないためにはどうしたらいいかということを考えたねぇ
。お仕事もがんばるつもりだけどねぇええええ。えっへっへ。

加川良のプライベート!ライブは
音と朗読と演劇の融合みたいなものでした。
突撃インタビューにも良さんは快く応対してくれました。
フォークソングは胸にしみますねぇ。泣かされました。うわーんと。

世の中、ボイスやツイッターで短文つぶやきが多くてさ
文章にまとめる力が失われつつある。
ヘビーユーザーが言葉を吐き捨てている。
いや、言葉を選んで「発信している」といえばそうなのだけど
どうも、好かん。

自分もここのところ、言葉を吐き捨てる形になっていたので日記を残しましたとさ。

谷川俊太郎の詩を創作でかいています。
機会があったら発表します。
みてください。
c0075299_0413678.jpg

[PR]
by neco_gv | 2010-05-04 00:41 | 我、、