2010年 01月 29日 ( 1 )

human race


異国の美術・建築物をみると同時に、「イギリス自国らしさとは何か?」というイギリス国民としてのアイデンティティに関わる問いに変化していった。自国の伝統的様式を創造的視点から見直す動きがあった。田舎に残存した中世以降、継承されたゴシックの廃墟や村落の郷愁的で伝統的なものへの関心が高まった。

アダム兄弟は、自己の美学を磨くうえで数々の図面と向き合い、彼らの感性に響くものは受け入れ、無駄だと思うものは得てこなかっただろう。彼らの主張の通り、誰のパロディでもコピーでもない囚われのない精神のもとで図面を書いていたと思う。ピクチャレスクか、非ピクチャレスクかという論争は彼らにとっては何の問題でもないと天国で話しているだろう。
高い創造性と独自性をもった人というのは、分類・分析されたりすることよりも、直観で判断してもらいたいと願う人間だから。「非」ピクチャレスクで、「彼ららしい」という孤高の存在として位置づけられたいと願っていると解釈する。

これはわたしの答え


一人お医者さんごっこを母に披露
広い広い場所へ大浴場ですよ
混乱していないふり
暴行事件を引き起こす
相談事を祖父にする孫
たまげるからよしんさい

c0075299_23265047.jpg

わたしの映った写真が彼のポートレート芸術として残っている
彼と関わっていたことを忘れかけていたのに
関わっていたことを消したいのに
でも彼のかいた絵をみると
わたしは彼のことを愛していた理由がそこにあったと感じる
彼がわたしを選んでくれてわたしも彼を選んで
でも彼はわたしのことをそこで
めんどくさいめんどくさいどうでもいいどうでもいいゆるぎないものがほしい
満たせなかった
不快な距離
いやそこには確かにひき合う力があった
傷ついていたことをいえなかった
けっきょく言葉を飲み込んでいた
もっと馬鹿にしておけばよかった
ひっかけばよかった
もうおおくのことを忘れてしまった
彼と撮った写真をアルバムにいれて和室においていた
別れてから数カ月たって彼はわたしのもとへ
写真をぬいた状態でアルバムをもってきた
わたしたちの写真のぬかれたアルバムにはもう
その価値はないの
それとあれこれともってきた
捨てられないんじゃなくてさ
結局わたしたちは怒りも不満も喧嘩もすることなく
沈黙こそ美しいと


このまま忘れてしまいそうだから
おもうことを残しておこう


2月は何かをはじめるとき
来月から松濤の住民
冬の服飾のたのしみを感じられるようになった

おいしい話の裏になにが?
身体と心をかけた実験がはじまります
[PR]
by neco_gv | 2010-01-29 23:27 | スキなもの