いちどしんだ


じいばあががやってきて家族が二人増えた。今夜は最後に、お風呂に入った、いつもより少なくなっている湯舟のお湯が妙に嬉しい、おなじ湯舟にはいる家族なんだなとしんみりしてしまった。

港区のカルチャーセンターのお祭りで、「篆刻体験」コーナーを受け持つ先生の手伝いをさせてもらえた。相手は主に60代のおばさま方。年上の方へのアプローチの難しさ。言葉を慎重に選ぶ。篆刻を始めて二年になるが、人に教えたり修正するのは勉強になる。技術なんて身についていないし、誰にでもできるものだと思っていたことが誰かにとっては難しくてこれを何と言えばいいかわからない。誰かにとっては難しいということなんだな。石に文字に刻むということはただ「印」を作るためではなくキザんでるんだ表面に傷を付けるのではなく深く印刀を入れてコクコクと音をたててキザむの。ときに相手を傷つけたくなるときに感情をぶつけたいときに気持ちを残すための篆刻でもある。この篆刻という芸術を知ってほしい。ぜひ、いま開催中の日展など絵画を見に行く機会のある方についでに篆刻部門もみていただきたい。書と篆刻は表裏一体で篆刻の文字だってかすれるし爆発するしはみ出るし生きてる。字は生きてるそうでしょ?手書きの文字って少なくなってきたけれど、もしそれらを見かけたらよく目をこらして見てほしい。少ない文字数でも書いてる人は練習して練習してたどり着いたその人の形かもしれない。よく見てほしい。ワープロと手書きの違い。

もうなにもいらない
始めたら終わらせることが簡単に思えた。どちらかといえば終わらせることのほうが難しかった。やらずの後悔、やったあとの後悔。ミッシェルガンエレファントの最沸騰ボタンオン。下北沢とゲテモノとミッシェルガンエレファント。ゲテモネーゼも最沸騰ボタンオン。

アンヴィル!をみてから英語が好きになった。なぜ英語が‥英語での口喧嘩が好きだからか。感情的な男性は魅力的かもしれない。いい顔してた。

あすの昼過ぎには急降下しそうなものがある。love my lifeときくとむっちゃんの笑顔が。離れていても顔が浮かぶ。夏に、あかね、ゆりりん、りんちゃん、やまぴーがアメリカに行っちゃった。しょっちゅう日本で会えていた訳ではないけれど、寂しい。でも海の向こうの空気が伝わってくるのもいい。

やりたくないものはやらないぞ!
松居直美でした。呼び名がないのでイニシャルを三連打してみた。うれしく展開ね。いやな感じがする!年末年始ガくるわ。

そう、喪中です!年始のご挨拶は失礼させていただきます。
[PR]
by neco_gv | 2009-11-09 22:37 | 分泌物